コンテンツへ移動
他社の保守が高い!保守乗り換えのお客様へ

他社の保守が高い!保守乗り換えのお客様へ

今回はお客様のお問い合わせから。

保守についてご説明します。

数年前に他社の会社でホームページを作ったけど、

保守が高くて、そこを辞めて御社にまかせたいのですが、、、

このようなご相談が増えました。

実際にそれの相談で、今年に入り乗り換えをされたお客様がすでにいらっしゃいます。

 

MUDORAでは保守乗り換えはできるの?

実際に弊社で契約乗り換えされたお客様の具体例だと、今までの10分の1の保守料金に変更されたお客様がいらっしゃいます。

ただ、その際、弊社では条件を設けております。

それは以下のとおりです。

○TOPページの遣り替え、またはリニューアル(100,000円〜)

○契約書の交付

○引き落とし契約

例えば、保守契約を毎月3万円払っていました。

それをトップページを変更してでも、うちに帰られた場合、もともと年間36万円でのお支払いだったものが、トップページ変更に15万円かかったとしても、月々5千円の保守で、年間、21万円で収まる計算となります。

複雑なプログラムが入っている場合や、更新ページがたくさんある場合、保守料金はあがりますが、特にこれといって更新がない場合は、乗り換えをされたほうがお得になります。

 

保守費用はなぜ必要なの?

こちらについては、保険としかいいようがありません。

家を守るための火災保険のようなものです。

詳しくはこちらをご確認ください。

保守費用とはなんですか?

ただ、弊社では、毎月2回のお知らせを流しています。

そのため、お客様からのリターンを受けやすい環境を作っています。

 

ホームページの役割は変わってきた

スマホを持つのが当たり前になった世の中で、あなたの会社がネット上で生きているか?死んでいるか?はホームページで確認されるのが当たり前になってきました。社会的信用を受けるのにホームページという存在が必要になっています。

最近は良い雇用を生み出すためにホームページという考え方も多くなりました。

どちらにせよ、なにかとインターネットで検索する世の中です。仕事につなげるためにも、持ち続けることは大切です。

しかしコスト面をしっかり考えることも必要ですので、これを踏まえ検討してみてくださいね。

あなたのホームページは
どんなウェブマーケティングが必要? 無料ダウンロード 制作料金表もこちらから
image
トップへ戻る