コンテンツへ移動
制作費用を広告リースとして契約できるようになりました。

制作費用を広告リースとして契約できるようになりました。

ホームページ制作料金、結構高いですよね!

私もそう思います(汗)

ということで、リース契約と企業様のクレジットのご契約での制作ができるようになりました。

 

リースと企業用クレジットの違い

リースは、月々の返済金が広告費用の経費として認められます。

ローンは、支払い手数料などになり、経費としては認められません。

 

ご利用のメリット

初期投資の負担が軽くなります。またリース契約では経費として認められます。

 

デメリット

リースは国から5年縛りの契約となっています。

リース→レンタルするという意味ですの、実質お客様のホームページであってもリース会社のものという位置付けになります。

5年後に解約する必要があります。(その時はお客様のものとなります)

 

クレジットは、支払い期間を決めることができます。

ただ金利が高くなる傾向にあります。

 

お金のことはしっかり考えていきましょう

広告費になるものは、一般的に運用と考えますよね。

しっかりとしたマネープランを立て、広告費にいくらかけられるのかを考える必要があります。

かといって、出来合いのホームページでお客様が来るとはなかなか言えません。

 

けれども大切なお金だからシビアに考えていきたいですね!

ホームページの制作費用のご相談はこちらから随時受け付けています!

 

 

広報管理

MUDORA run party広報部ではあなたのWEBのご相談に無料で乗ります^^記事にして欲しい情報などおまちしています!

初期の相談やアドバイスは無料!乗り換え、お見積もり等今すぐご連絡ください!

084-970-3020営業時間:9:30-17:00
メールでお問い合わせ
あなたのホームページは
どんなウェブマーケティングが必要? 無料ダウンロード

制作料金表はこちらから

image
トップへ戻る