こんにちわ。マーケティングが好きな村上です。
今日はマーケティングについてです。
弊社では、自社のお客様の幾つかの成功事例とともに、それでうまくいった方法をご紹介しています。
 
ホームページでのマーケティングを考える時に意識したいこと。それはまず先に作戦、目標があるか?
です。
 
ホームページのマーケティングと言っても、いろいろ作戦はいろいろあります。
弊社では
売れるホームページに必要なウェブマーケティング
で一部紹介していますが、ランディングページが良い、コンテンツマーケティングが良いと言われていても、やみくもにそれを行うのではなく、ちゃんとその業種にあった、マーケティング、作戦、目標を立てましょう。
 
それがないと、もちろんその後もありません。
 

目標設定と実行力

私たちは制作者は、具体的にホームページにおける目標を持っているお客様と、そうでないお客様とふた通りのお客様に出会います。
 
具体的にホームページの目標を持っているお客様は成功しやすいと言えます。
何故なら、毎月ホームページのことを気にしてくれるからです。
 
なんとなく、、、と考えているお客様は、ホームページを放置。
どうなれば良くなるのかあまり考えていないし、いつの間にか日数が立ってしまっていることがほとんどです。
 
ともかく、どうやったらその目標に近づけるのかを考えて手を動かしていると、だんだんその目標を達成して行くのがわかります。
 
期日と目標をセットで考えしっかりそれを達成していくことが、ウェブマーケティングが成功しやすい方法と言えます。
 
私がお客様とよく決める目標は、1ヶ月に1ブログ更新。でもただのブログではなく、コンテンツマーケティングされたブログです。
これだけで驚くほど効果を得た事例を弊社は持っています。
 
また、その他では、LINE@の獲得人数です。
LINE@の獲得人数が多いということは、それだけお客様が来る時に声をかける努力をしてくれています。
LINE@はとにかく口で紹介しその場で入会してもらう方法が一番良い獲得方法です。
LINE@もとにかく、獲得したら定期的にお知らせを出します。
この定期的なお知らせを見ても見なくても、「思い出す」という行為につながると、ものが売れる当行動に一歩近づきます。
 

SNSで一喜一憂するのは間違い

現代において、SNSの利用というのは、とても簡単で見てもらいやすいツールです。
しかし、更新のわりに、結果に繋がりにくいという難点を持っています。
特にインスタグラムでは、告知ばかりして、落とし込みを作ることを忘れてしまいます。
 
正しいSNSの使い方を知らなければ、日々の日記のような意味のないものに変わってしまいます。
そうではなく、SNSもしっかりとした落とし込みを作る必要があります。
ですから、「いいね」の数に満足しない。1ヶ月たって、どれだけ効果を得たのか確認することも必要です。
 

まとめ

ウェブマーケティングには、まず目標と作戦が必要です。
それを期日どおりに実行していきましょう。
そして、SNSは必ずどれだけ成果に繋がったか結果を見ることをお勧めします。
実現したい結果があれば、それを思い描きながら、いつもホームページを気にかけることで、ウェブマーケティングは成功しやすくなると言えます。
 
ぜひ参考にしてくださいね!

Follow me!