Google chromeはSSL化(https化)していないメールフォームに対して、10月から警告文を入れることを発表しています。
2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、「保護されていませんという警告が表示されるようになります。また、シークレット モードを使用している場合は、HTTP ページにアクセスするだけで「保護されていません」と表示されます。
 
つまり常駐シークレットモードで観覧されている人向けに全サイトSSL化推進のようです。
 
弊社のお客様におきましては、<重要メール>を配信しております。ご確認の上まだ対応されていない方は、ご連絡をお願いします!

Follow me!