先日は、小山美術さんに撮影に伺いました。
私の美術館巡りは他人より多いと感じているのですが、その中で苦手なのが日本画と立体物だったりします。。。
なので、あまり理解できなく申し訳ない。
ただ、なんでも鑑定団だけ良くみております。
この機会に何か一つでもおぼえなければ。

「綺麗でしょ」と見せてくれるものの全てが綺麗に見えてきます。
とても幻想的な世界です。
 
しかし、ひょいっと手にする品々が信じられない価格(苦笑)
車一台、中には家一件買えるようなものがいっぱい(大汗)
 
でも、こういうものに触れ合える機会は、とても素敵なことだと感じています。

当日は、私はめずらしく素足でパンプスを履いていました。
家を出る前にソックスを掴んでバッグイン。
 
素足で人のおうちに上がるのは失礼。
敷居を踏んではならない。
靴は揃えて上がる。
 
などが、なぜかこういう時、頭をよぎりますよね。
日本人が、京都のお座敷なんかに行くと、背筋がピンとしてしまうような、そんな感じです。
 
普段は、そんなこと全く考えないんですけどね(汗)

結構な量の商品撮影をしていただきました。
いつも頼んでるスタジオFの福永様、ありがとうございます。
 
怖くて、商品を持てない、、、なんて感じで撮影させてもらいました(笑)
ホームページから、ひとつでも売れたら、私たちも嬉しい限りです^^
 
しかし、やっぱり、プロのカメラマンにお願いすると、別格な写真ができます。
今回もどんな写真になるか楽しみですね^^
 
弊社では、撮影料金の中間マージンをいただいていません。
気になる方はぜひご相談ください。

Follow me!