コンテンツへ移動
SNSを使って集客をしたい時に覚えておきたい、コンテンツマーケティングとインフルエンサーマーケティング

SNSを使って集客をしたい時に覚えておきたい、コンテンツマーケティングとインフルエンサーマーケティング

SNSを活用してモノを売りたいと考えている企業が増えていると感じる一方で、SNSの活用の仕方を間違っている人が多いと感じます。

 

現在、ネット販売で求められているものは、「商品やサービス価値」とは少し違います。

もちろん、一定のブランド価値というものがあり、それに付随する商品は、昔ながらのやり方で売れたりはします。

しかし、ブランド価値のない中小企業が何かをネットでモノを販売する時に今、重要になっていることは、「誰から買ったか」です。

 

2012年以前まで、ものは買い手市場でした。

買い手市場とは、買いたい人が売り手より多い市場のことをいいます。

 

ところが、現代爆発的に売り手市場になりました。

書いたい人より売りたい人の方が多いのです。

調査では楽天市場を始めとするネットモールの黄金期が終わりを迎えていると言われています。

 

ネットショップ倒産件数も年々増加。

以前のようにそう簡単にものは売れないのです。

 

そこでみんなが集客として活用したいのがSNSです。

ところが、SNSでみなさんがつまずいているところ、これが

「集客できていない事実」です。

 

もちろん、これにはいろいろな理由があります。

この中の一つの問題として、SNSの使い方を間違っている。。。

ということがあります。

 

 

SNS活用で有名な二つのマーケティング手法

Content Arrows Concept

そのSNS活用には、有名な二つのマーケティング方法があります。

そのひとつがコンテンツマーケティングです。

 

コンテンツマーケティングとは、核となる情報(キラーコンテンツ)をメインに、様々なSNS媒体を使ってお客様をそのコンテンツに呼び込み、ゴールに落とし込む手法です。少し前からの流行りとしてこれがありました。

 

そしてもう一つが、インフルエンサーマーケティングです。今はこの流行りが強いと言えます。

 

インフルエンサーマーケティングとは観覧者が購買意思決定に影響を与える人(モノ)が発信するコンテンツを利用したマーケティングです。

 

インフルエンサーマーケティングとして有名なものといえば

「アメブロ芸能人」「インスタグラム芸能人」の「この商品使ってるよ!」から販売につなげているケースです。

またインスタグラムでもフォロアーが多いインスタグラムの素人に対して、モノを取り上げてもらい売ってもらうケースが増えています。

 

このインフルエンサーマーケティングの要は「発信者」が「どんな人かわかる」「発信者の影響力が好き」にかかっていますが、もちろんそれとは別に「(ネット内で)コミュニケーション能力が高い(高そう)」という裏面も持っています。

 

簡単にかけば、やり手営業マンそのものです。

この人からものを買いたい!

そう思わせてくれる影響力のある人が発信するコンテンツです。

 

これを例にとってみると、うまくいっていないSNS集客のほとんどが、

影響力のないスタッフ発信のも。または誰が発信しているかわからないもの。なのです。

 

あなたの周りで影響力がある人を想像してください。

どんな人ですか?

 

物静かですか?押しが弱いですか?行動力がないですか?

もちろん中にはそういう人もいるかもしれません。

けれど、ほとんど影響力のある人は、自己中心的にガンガン行動して、定期的にアピールを続けているはずです。

 

SNSを使った集客の方法として、私が今注目しているのは、コミュニティーを築いてしまえば、売り場が変わっても、モノは売れ続けるということです。

 

SNSを使った集客で考えたい2つのこと

SNSを使って、日記を発信する時代は終わりました。

なぜなら、それが珍しくはないからです。

数年前まで、めずらしかったんですよね。

 

時代はかわりつつあります。それにあわせて、あなたの情報も更新し続けてください。

すでに古くなった情報使えないのがインターネット社会の常です!

 

SNSを使った集客で考えたい2つのこと。ぜひ参考にしてください。

1、どうやってお客様に影響を及ぼすか?

2、コミュニティーをどこに築くか?(どうやってフォロワーを集めるか?)

 

SNS活用での間違った考え方

SNSでフォロアーというと、何千人、何万人規模で思い浮かべる人がいます。

とにかくたくさんフォロアーが必要だ!と考えているんですよね。

しかし、それは間違った考え方です。

 

その商品にもよりますが、コアなファンが500名いるだけで、十分な商品だってあります。

たとえば、エステだとか地域の販売店だとか。

 

SNSはただ単に点を集める作業ではありません。

私でいえば、コアなお客様100人もいたら、もうそれでうちの会社は永遠に回り続けるのではないかと思います。

今でも結構フォローに必死です(苦笑)

 

 

 

そう言われても具体的な方法がわからない!

インターネットビジネスでは、常に新しい情報を持ち続ける必要があります。

あなたの情報力は陳腐化していませんか?

もう2、3年前までの流行りの手法では生き残れませんよ!

 

6月中にネット販売での売上アップ講座を行います。

こちらの内容は

1、ネットでは感情でモノを売る

2、ネット販売で人が見ている要素

3、SNSの活用方法

などを紹介します。

 

気になる方は勉強会、セミナーお知らせメール登録をお願いします。

メールが届いたらそのメールの認証を必ずしてくださいね。

 





智子村上

MUDORA run party デザイナー村上です。今マーケティングの勉強とダイエットに励んでいます。趣味は読書!年間100冊以上10年続けています。女子トークが大好きです^^

あなたのホームページは
どんなウェブマーケティングが必要? 無料ダウンロード 制作料金表もこちらから
image
トップへ戻る